活動理念

「美しい自然が観たい!」

というのは、人類共通の想いでしょう。

私が創りたい音楽は、その美しい自然のような音楽です。

人間も自然の一部である、純粋な存在であることを実感したいから、

わざわざ自然のある場所に身を置きたいのではないでしょうか?

海に向かって歌う“UTAUMI”というイベントを手がけていますが、

これも自然の中で歌うことで、自然の一部であること、自然、人間との共存を考えるきっかけになると思います。

主宰する「かがやき音楽団」も、世代・ジャンルを超えて、誰もが音楽を楽しめ、人間としての能力をポジティブな領域に発揮することで、社会が心豊かになることを目指しています。

愛・喜び・平和などは、これまで多くの方々が太古より唱えてきましたし、それが大切なことであることは、もはや全人類の共通項であることは間違いありません。

それでも、まだまだおおっぴらにそれらを言うことが難しい社会のように感じます。

北方音楽事務所は、

人間力が高まり、

苦しみ、悩みから少しでも脱却できる勇気を与えられるような、

そして皆が「元氣」な状態で、

美しい社会が実現できるような音楽を手がけます。

ソロピアノアルバム「Synchronicity -縁- Solo Piano Works」はその結晶の一つです。

昨今の音楽は、強くて、速くて、大音量の音楽が横行しています。

そして、どんな音楽でも、イヤフォンなど「耳だけで聴く音楽」が定着してしまいました。 その結果、本来の聴力を失う人が増えています。自律神経が狂ってしまいます。

アドレナリンは増え、興奮し、熱狂し、中毒になる。

それは、自然から遠ざかってしまう行為かもしれません。

好きな服と似合う服が違うことがあるように、

好きな音楽と似合う音楽は違うかもしれません。

似合う、という意味の奥にあるのは・・・?

 

「自然」というのは、好き嫌いはありません。

その存在にとって一番心地よい格好をし、一番心地よいゆらぎで動き、一番心地よい役割を果たしています。

目指したい心豊かな社会は、これに似ている気がしています。

 

少しでも共感してくださる個人・企業様がおりましたら、

遊ぶように、軽やかに、そして真摯に、

ご一緒できればこんなに嬉しいことはありません。

 

 

北方音楽事務所代表

北方寛丈