3/17 個展絶賛リハーサル中!

3/17 13:30〜「北方寛丈 個展vol.1 ピアノ音楽と朗読音楽劇」
詳細はこちら。
 
昨日は「100万回生きたねこ」のリハーサル。
場所はまたまた皇居にお邪魔しまして・・・。
宮内庁楽師である豊さんに感謝です!
 
豊さん、プロフィール見て気づいたのですが、「無形重要文化財保持者」なんですね!ビックリ。そんな方にヴァイオリン弾きながら◯◯させたり、竽(「う」と読みます。笙の倍の大きさのある楽器!)でジャズアドリブさせたり。というか、すごすぎて笑ってしまうくらい面白いことやらせてしまっておりますが、楽しく演奏してくださって、こちらもワクワクです。
 
ダンサーの藤田さん、リハ初参加でしたが、あっという間に段取りが体に入っていき、予想をはるかに超えた表現に一同、歓喜!朗読と音楽だけの時の何十倍、何百倍も映像や感情などが可視化されました。すごいエネルギー。これは超必見!としか言えません。
 
妻の真世の朗読もこの二人との相互作用で、さらにパワーアップしていました。言葉だけでも情景や感情が本当に伝わるし、それをストレートに心に深く響かせることができることに、素直に尊敬します。
 
手前味噌ですが、今回、私が作曲した「100万回生きたねこ」の音楽。これまでの舞台で制作してきた音楽の集大成のような、クラシック、ジャズ、ポップス、映像、イベント、式典などなど、様々なジャンルが全部統合されたような音楽になりました。美しい愛のシーンも、サーカスの派手なシーンも、切なすぎるシーンも、人生の色々なシーンが凝縮された音楽です。自信を持って、世界中の人に聴いてもらいたい音楽になりました。
 
朗読、ヴァイオリン、笙、竽、ダンス、ピアノ、作曲。
 
全部の要素がお世辞抜きに、4人のエネルギーがガチっとはまりました。
 
60分のソロピアノリサイタルと、
35分の朗読音楽劇。
 
プロデュース、作曲、全て一人でやる大変さも、とんでもない充実度のおかげで報われております。
 
どうか多くの方々に目撃して頂きたい!
 
残すところ一週間。
 
たくさんのご予約、お待ちしております!

予約先:mail@kitakatamusic.com
 

About The Author

作曲家 http://hirotakekitakata.com